スカルプジェルの使い方

ノコギリヤシの成分を外側から働かせて、抜け毛を減らして、今ある髪の毛を残すという新発想の育毛剤「フェルサスカルプジェル」。

その特徴は、育毛サプリに配合されていることの多いノコギリヤシの成分をジェル状の育毛剤に配合していること、
ジェルタイプなので頭皮の気になるところに塗りやすく、保湿もできること、過剰な爽快感は抑えてあることです。

そんな「フェルサスカルプジェル」は、どのように使うものなのでしょうか?

まずは簡単な使い方からご紹介しましょう。

基本は、1日2回、1回あたり1ml~1,5mlを朝晩使うことです。

朝は洗顔後、髪の毛をセットする前に使いましょう。
夜はシャンプー後、お風呂上りに使いましょう。

頭皮が清潔な状態で使うことがより効果的です。

では、使い方の詳細をご紹介しましょう。

1 まずはジェルのボトルのキャップを外します。
  ここで、ボトルは振ってはいけません。
  ボトルを振ってしまうと、ジェルに気泡が発生してしまいます。

2 キャップを外して、ボトルのスクリューヘッドを軽くひねって開栓します。
  スクリューヘッドを強くひねってしまうと、ヘッド部分が外れてしまうことがあるので注意しましょう。

3 頭皮の気になるところに直接塗っていきます。
  使用量の目安は4~6滴です。

4 頭皮により浸透させるために、マッサージをしましょう。
  毛穴へ揉みこみ感じで、指の腹を使ってマッサージしていきます。
  頭皮が揺れた状態で使用したり、適量以上を一度に添布するとジェルが白く泡立つことがあります。
  品質には問題はありません。

シャンプーの後には、しっかりとタオルドライしてから使用しましょう。
頭皮が濡れたままで使用すると、成分が浸透しにくくなってしまうので注意しましょう。

ご紹介したように使い方はとっても簡単です。
これを朝晩しっかり続けるだけで、育毛の効果を実感できるのなら、ぜひ自分でも試してみたいと思われる方も少なくないでしょう。

そして、「フェルサスカルプサプリ」と合わせて使用することでさらに効果を実感できることができるようです。

フェルサスカルプジェルとは?

頭皮に直接つけて外から髪を元気にする育毛剤「フェルサスカルプジェル」は、
一滴にたっぷりと栄養素を濃縮しているから、しっかりと育毛の効果を実感できるといいます。

そんな「フェルサスカルプジェル」には、どのような特徴があるのでしょうか。

いくつかある特徴をご紹介いたします。

1 

男性型脱毛症の原因といわれている悪性の男性ホルモンをつくる5aーリダクターゼの作用を抑制すると言われていて、
脱毛を根本から改善してくれることと、育毛効果が注目されいているノコギリヤシを育毛剤にも配合しているの

男性型脱毛症に限らず、ヘアサイクルの乱れによっておこる脱毛。
抜けるべきではない髪の毛が抜けてしまうことが、薄毛の原因だと言えるのです。
ですから、今ある毛を残すという新発想で開発され、髪の毛を残すために必要な成分が
タップリと配合されて、ヘアサイクルを正常化させることができるのです。

美容業界で注目を浴びているプラセンタを配合しています。
胎盤から抽出した成分のプラセンタは、細胞を増殖する作用があると言われています。
ですから、髪の毛の細胞分裂によって伸びていくので髪の成長を促すこともできるのです。

ジェルタイプになっているので、液だれがしません。
実際に液体だと頭皮に塗ると、どうしても液だれしてしまいます。
ジェルタイプだと液だれしないので、頭皮全体を無理なくマッサージすることが出来るので、
しっかりと育毛効果を実感することができるわけです。

これだけのこだわりで作られている「フェルサスカルプジェル」は、実際に使っている人も数多くいます。

実際に使ってみると思ったよりも柔らかめのジェルだから、伸びがよくて少しの量で気になる部分をマッサージすることが
できることを実感されているようです。液だれのないのも人気の理由でしょう。

話題の育毛成分であるノコギリヤシが配合されている「フェルサスカルプサプリ」も一緒に使うことで、
頭皮の内側と外側から育毛ケアをすることが出来るので、さらに効果を期待できるということです。

今までの育毛剤には満足できなかった方に必要だったのは、そんなダブルのケアなのかもしれません。